包茎治療を経験しました

包茎治療、手術を考えたのは、中学に入ってからでした。
仲間との会話で、どうやら自分は包茎であると知ったのです。
そしてこの包茎であることが、まだまだ子供であると言う証拠と言うような雰囲気の会話だったように覚えているのです。
そんなことから人前では、一生懸命前を隠すようになりました。
決して、包茎であることを知られないようにと頑張ったものでした。
そしていつか早いうちに病院に行き、包茎の手術をすると決めていたのです。
ですが今度は、病院へ行くことが恥ずかしくなったのです。
nullこのまま誰にも知れずにいたら、一生問題ないとまで考えたこともありました。
ですが年頃になって再度考えるようになったのです。
好きな女性とのセックスで、私の包茎が知られ、そこで嫌われたらどうしようとも思い始めたのです。
そこでやっと踏ん切りがついたのです。
病院へ行き、手術をしたのでした。
その後の人生は、随分変わったと思います。
どこか自分に自信がついた感じがしたのです。
やっと男になったとも思えたのでした。