終えてみての感想

包茎治療を終えた知人の話を紹介します。
全国に包茎で悩む男性は大勢いると思います。
男性だけじゃなく、包茎の恋人を持つ女性も悩んでいる人がいるでしょう。
null一緒に協力して治療を進めていくべきだと思います。
万が一女性の方が不満があり、それを隠しているのなら、すぐにでも不満を打ち明けてください。
知人は恋人が不満を溜め込み、それが別れる原因になったからです。
知人は一度ゆっくり話し合う機会を設け、もう一度恋人同士になり包茎治療を受けることに決めたそうですが、できれば不満を溜め込む前に打ち明けましょう。
その方が男性も前向きに治療ができると思います。
そうは言ってもやはり病院にいって治療するのは恥ずかしいと思います。
自分も同じ立場だったら恥ずかしくて行けません。
しかし知人はそういった患者側の気持ちが分かっている病院を探して、行ったそうです。
他の患者さんと会わないように配慮があり、看板を出していないので、そのお店が包茎治療を行っていると分からないようにしてある病院を選び、無事に治療を終えたそうです。